MOVIEVADER

映画レビュー。大学生の時バイト先で映画を見続けて30年以上のデザイナーに出会い、私は映画の世界に魅せられていったのであった・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
秋山貴彦 - HINOKIO (ヒノキオ) (2005)
HINOKIO (ヒノキオ)を見た。

檜を素材にしたロボットなのでヒノキオ。
かなり強引だ。
ピノキオありきなタイトルだな。

テーマは引きこもり、ネットゲーム、トラウマなどの要素が入っている。
が、しかしあまりにいろんな要素、複線、謎を振りまいたはいいが、
結局映画の中では触れられることなく終了。

途中のドラマも陳腐なセリフばかりで
ギャグとして笑ってしまいました。

まあ裏設定でみんな過去が暗いというか
トラウマ抱えてるのがわかります。

あーもっと、堀北真希を使え!!

| movievader | SF | 15:00 | comments(0) | trackbacks(1) |
リドリー・スコット - ブレードランナー (1983)


ストーリー3
SF9
エンターテイメント9

「二つで十分ですよ!」の寿司職人で有名な映画w
とにかくハリソンフォードのダメダメ主人公ぶりが笑える。
ラストシーンがディレクターズカットでどうのこうのと言ってるけど
そんなことはどうでもいいです。

ハリソンフォードのダメっぷりとサイバーな世界を楽しんでください。
| movievader | SF | 01:40 | comments(1) | trackbacks(0) |

一番上へ