MOVIEVADER

映画レビュー。大学生の時バイト先で映画を見続けて30年以上のデザイナーに出会い、私は映画の世界に魅せられていったのであった・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
佐藤純彌 - 男たちの大和 (2005)
うおおおお!!!熱い!熱いぜ!!!
亡国のイージスでは全く感動しなかったけど、この「男たちの大和」では号泣しっぱなし!!

いろいろとこの辺の勉強をしていただけあって予備知識はあったから話に置いて行かれることなくじっくりと物語を楽しめました。でも隣で見ていた中学生っぽい集団も涙を流していたので大丈夫だったのか!?まあ予備知識とは関係ないところだったかもしれません。

ただ開戦までの道のりと大和出撃までの道のりがあまりにも省略されすぎ。これじゃあ何故日本が戦争をしなければいけなかったのか、何を目的に戦争をしていたのか、という大事なメタファーが欠落してしまっている。この映画を見た予備知識のない人ならば、結局学校で習った通り日本は酷いことした、みたいな感じ方をさらに増強させてしまったのではないか。そこが危惧される箇所だ。

でもそのあたりを入れると160分じゃ終わらんわな。まあ現代のパートはいらなかったらから削っても問題ないと思うけどね。

何にせよ、この映画をきっかけに勉強してくれる人たちが増えることを願います。

中村獅童はいい役者だ。目のギラつき方が違う。


最近涙腺が緩いです。

男たちの大和


YAMATO浮上!-ドキュメント・オブ・『男たちの大和/YAMATO』-
B000BDJ0XY佐藤純彌 反町隆史 中村獅童

東映 2005-11-21
売り上げランキング : 2,480


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



男たちの大和/YAMATO
B000C5PNSW

売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| movievader | 戦争 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(99) |
斉藤光正 - 戦国自衛隊 (1979)
遂に見たよ。戦国自衛隊。私が生まれる一年前に出来た映画かぁ。

当時よくこれだけのことを自衛隊が協力したよなーと感心してしまった。小説読んでストーリーは知っていたけど実際の映画となると迫力が違うね。戦闘シーンは面白いんだけどいかんせん人間描写が弱いね。時代が時代だけにしょうがないかもしれないんだけど、あそこまでぱっくりと割れる自衛隊なんて考えられない。レイプ野郎を狙撃するところは素敵でした。

にしきのあきら、かまやつひろしが出てたのには笑っちゃったね。あとは薬師丸ひろ子扮する美少年兵が瞬殺!!明らかに狙ってる罠。

出てくる武将が長尾影虎(上杉謙信)なんで我が地元じゃーっと叫んでしまった。しかし実際は見たこと亡い風景ばかり。間違いなく高田駐屯地が出てくる筈なんだけど・・・
春日山城も今は城としては存在しないのです。よく遊びに行ったなー春日山城!!でもやっぱり景色が全然違うのでどうも馴染めないのでありました。

アクションシーンは見応えあります!!
髭の千葉真一と夏木 勲が上半身裸で弓と鉄砲を交換してぶっ放し「ガハハハ!」笑うシーンはこっちまでガハハハハ!と笑ってしまった。

んで千葉真一は何をトチ狂ったのか御館様(武田信玄)を銃でバキューンと撃ち殺しちゃう!!なんじゃそりゃー!っw

注意!!
長いです。
最初も最後も。


戦国自衛隊 DTSコレクターズ・エディション
B00081U4I4千葉真一 半村良 斉藤光正

角川エンタテインメント 2005-06-03
売り上げランキング : 8,598

おすすめ平均star
starやっぱり面白いです。こちらは。
starゲーム化してはどうだろうか?
star男の為だけの漢の映画

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| movievader | 戦争 | 23:09 | comments(3) | trackbacks(5) |
阪本順治 - 亡国のイージス (2005)
実家付近にできたシネマコンプレックス
亡国のイージスを見てきました。

お盆だというのにガラガラの館内。
子供連れが多いのはきっとアニメーション映画が豊富だからだろう。
観客数10人程度のど真ん中で亡国のイージスを鑑賞。


結論から言うと非常に中途半端な出来でした。
原作を読んだ人にはあまりにも物足りないし、
原作を読んでいない人には展開が早すぎて
わけがわからなかったのではないでしょうか。

ちなみに私は原作を読んでいます。
はっきりいって原作の方が数百倍はおもしろいです。
映画の方はどこにも山場がない、ラストもなんだかなぁと
いった曖昧な結末で終わってしまいました。

原作が上下巻もある長尺な話なので
どこかをカットしなくてはいけないのはわかりますが、
どうしても削ってい行けない場面というのもが存在します。
私が個人的に重要なシーンだと思うのが
CMでも出てきた「よく見ろ、日本人、これが戦争だ!」というやつ。
そのセリフの前には戦闘シーンがあり、
その残虐性や非情さが際だった上であのセリフが光るものですが、
映画ではその戦闘シーンがあまりにもしょぼく、
また沈められる戦艦も詳細が語られないために
感情移入に乏しく、「よく見ろ、〜」のセリフに説得力がまるでありません。
何いってんの?という感じです。

あのセリフにより日本人への国防の意識が高まるはずなのに、
(原作では否応なしにその危機感が高まったが)
本当に残念でなりません。
緊張感に欠けたシーンに思わず苦笑。

ごく近しい人に自衛官がいるので、
昔から国防や自衛隊についてはいろいろと考えさせられます。

ちなみに脱帽しているときの敬礼は挙手ではしないのです。

その他細かいことはあんまり言いません。
なんにせよ、この映画を見て原作を読んだり、
国防について考えたり、議論したり、その他本を読んだり
啓蒙としての映画となるならば大成功と言えるでしょう。

まったく北朝鮮くらい名前だせよな、だから日本はなめられるんだよ。

ちなみに私は岸辺一徳が一番好きですわ。
やるきのない表情に冷たい感情がこもっていないセリフ。

Info;
映画公式HP
原作(上巻)
原作(下巻)
原作者 福井晴敏HP

亡国のイージス
亡国のイージス真田広之 福井晴敏 阪本順治

おすすめ平均
stars詰め込みすぎかな...
stars福井原作映画化なかでは上質の出来では!?
stars凄いんですけど…。
stars期待してたんですが
starsすべてが中途半端・・・。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| movievader | 戦争 | 16:06 | comments(2) | trackbacks(19) |

一番上へ