MOVIEVADER

映画レビュー。大学生の時バイト先で映画を見続けて30年以上のデザイナーに出会い、私は映画の世界に魅せられていったのであった・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
プラッチャヤー・ピンゲーオ - トム・ヤム・クン! (TOM YUM GOONG)
タイの映画なんて見たことあったっけ?と思わず突っ込みを入れてしまうのですが、痛快娯楽エンターテイメント作品があるというので見に行ってきました。

ちょうど一昨日に「隠された記憶」という難解なフランス映画を見たばかりなのでわかりやすく楽しめる作品が私には必要でした。


で、感想ですが、ごめんなさいタイ映画を侮っていました。
ハリウッド顔負け、ワイヤーアクションなんて使わなくてもこれほどに凄まじい映画が撮れるんだってことを見せつけてくれました。

本気、本気のスタント映画。
何度も何度も入念にリハーサルを繰り返して見事なまでの職人芸が見られます。最初のボートを使ったシーンはスピード感が抜群。

そして圧巻は中盤の目玉「トム・ヤム・クン」に潜入する場面。
ビルの地上から4階まで長回し(4分間)で撮影。
ノンストップで極上の殺陣(違う)が見られます。

一瞬の気の緩みも許さないバトルに次ぐバトル。
名前も名乗らずにいきなり掛かってきたり、倒したり。
技もこれでもかっていうほどいろいろな種類の技が飛び出す。

バトルの合間にはユーモアセンス抜群のシーンが挟まれており退屈したシーンなど皆無。
実際に買ってきたドリンクは一度も飲まずにエンドロールに突入してしまいましたw

ゴールデンウィークにはもってこいの映画です。
家族揃って熱いバトルを楽しんでみてはいかがでしょうか。
トニー・ジャー最高ですね!!次世代のジャッキーです。
いやー、映画って楽しいものですね。

公式サイト

トニー・ジャーの主演のプラッチャヤー・ピンゲーオ監督前回の作品。
「マッハ!!!!!!!!!!!!」

マッハ ! プレミアム・エディションマッハ ! プレミアム・エディションジェネオン エンタテインメント 2004-11-25売り上げランキング : 2,173おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


トム・ヤム・クン! プレミアム・エディション
ジェネオン エンタテインメント (2006/09/22)

| movievader | アクション | 15:15 | comments(2) | trackbacks(11) |

一番上へ